フィリピン不動産の魅力一覧

フィリピンの人口

■人口から見るフィリピン不動産投資の魅力

フィリピン不動産の魅力を語る際に欠かせない人口動向。
2010年は、日本は1億2000万人強、フィリピンは9000万人です。現在フィリピンの人口の方が、3000万人以上も日より少ないです2050年のフィリピンはというと、人口増加国であり1億5000万人です。
 

フィリピンの人口を詳しく見る

フィリピンの投資先

■フィリピンの投資先としてどこがいいのか

フィリピンの不動産に目を向けると、フィリピン国内でどこが投資先として有望なのか、それはなんと言ってもマニラの一等地であるマカティです。

ここは皆さんが想像もつかないような洗練された最先端都市です。
世界規模の高級ホテルの殆どがここに集中していますし、ビジネスの中心地です。

この一等地マカティを開発したディベロッパーがアヤラ社であり、そこが手掛けた高級仕様コンドミニアムが、今回ご紹介しているAYALA LAND社の 「the Lerato」です。

なぜ、マカティなのか。

 

フィリピンの投資先を詳しく見る

最先端都市マカティ

ロケーション × 3

不動産は、1にロケーション、2にロケーション、3にロケーション」と言われます。
フィリピン最大財閥のディベロッパーであるアヤラ社が再開発してきた最先端都市マカティ。

そのマカティの中心地・MCBD(マカティ・セントラル・ビジネス区)区内北に「the Lerato」が位置しています。マカティ地区は、マニラ空港からも至近で、ラッシュ時等を除けば、タクシーで25分程度、料金も500円程度です。アヤラ・アベニュー(アヤラ通り)に隣接しています。



 

最先端都市マカティを詳しく見る

「the Lerato」の魅力

■現在、アヤラがマカティで新築販売中の「the Lerato」の魅力

現在、「the Lerato」の周辺で、中堅ディベロッパーが着工している物件や、新興中小ディベロッパーが、マカティ中心地や周辺でスタジオタイプ20~30平米のコンドミニアムを建設中です。

アヤラ社のこの「the Lerato」ほどのスピードではないにせよ、確実に販売実績をあげています。
 

「the Lerato」の魅力を詳しく見る

ディベロッパーの違い

準大手・中堅ディベローッパーとAyalaとの格の違い

日本では、マンションの分譲販売の場合、建設中の各段階で建築確認審査があり、物件の完成後、建築確認審査を終えてからでなければ販売できない規制があります。

これら前には、「友の会」に入会させるなどで告知はできても、予約申込受付もできません。

ディベロッパーの違いを詳しく見る

新築高級分譲コンドミニアム700万円を一括借上
【利回8%超で10年保証】